行事

Fish as model systems for vocal communication and hearing research

この行事は終了しました

日時: 2017年12月8日(金)15:00-16:00

会場: 東京大学 駒場キャンパス 16号館126号室(キャンパスマップ

講演者:Dr. Raquel  O. VASCONCELOS

(Institute of Science and Environment, University of Saint Joseph. Macau S.A.R., China)

問い合わせ先:東京大学・岡ノ谷一夫(領域代表・B01班代表)cokanoya@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp / 03-5454-6301

Fish as model systems for vocal communication and hearing research

Teleost fish comprise the largest group of extant vertebrates displaying the greatest diversity in sound producing apparatus and sensory hearing structures for social communication and orientation. Neural circuitry controlling vocal behaviour in vertebrates seems to have evolved from conserved brain areas found in ancestral fish before they diverged into the major clades. Thus, studies that investigate acoustic communication systems in this taxon are important to gain a comprehensive understanding of the fundamental mechanisms underlying social acoustic communication.

Moreover, studying organisms from an early diverging vertebrate lineage such as fish is essential to comprehend the evolution and function of the vertebrate inner ear, since many early developmental events are evolutionary conserved.

In this talk I will focus on the social role and physiological mechanisms controlling acoustic communication in toadfishes (Batrachoididae). I will further discuss current research on auditory plasticity and development of auditory function using both models – toadfish and zebrafish (Danio rerio, Cyprinidae).

掲載日:2017年12月7日

第47回ホミニゼーション研究会

「言語の生物学と進化」

  • 開催日時:12月19日(火)〜 12月20日(水)
  • 場所:京都大学霊長類研究所大会議室(研究所本棟1階)<アクセス
  • 共催:文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「共創的コミュニケーションのための言語進化学」
  • 世話人:香田啓貴、足立幾磨、中村美知夫(理学研究科)、西村剛、平崎鋭矢

*使用言語:日本語  *参加費無料、事前登録不要

プログラム

初日(12月19日)

13:00 – 13:05  趣旨説明 香田啓貴 (京都大学霊長類研究所)

1. 言語の進化史を推定する

13:05 – 13:45 橋本敬 (北陸先端大学) 「階層性と意図共有の創発構成論:ホミニゼーション研究との連携へ向けて」

13:45 – 14:25 井原泰雄 (東京大学) 「言語進化の生態学的側面」

(休憩) 15分

2. 言語を支える下位能力I

14:40 – 15:00 香田啓貴 (京都大学霊長類研究所) 「発話能力の進化史の推定」

15:00 – 15:20 伊藤浩介 (新潟大学脳研究所統合脳機能研究センター) 「頭皮上脳波記録で探る聴覚皮質機能の進化」

15:20 – 15:40 服部裕子 (京都大学霊長類研究所) 「霊長類におけるリズム同調の進化と言語の起源」

(休憩) 15分

3. 言語を支える下位能力II

15:55 – 16:15 足立幾麿 (京都大学霊長類研究所) 「感覚間一致の比較認知科学」

16:15 – 16:35 橋彌和秀 (九州大学人間環境学研究院) 「コミュニケーションにおける意図の階層性と言語」

16:35 – 17:05 コメントと討論/コメンテーター:澤幸祐 (専修大学人間科学部)

18:00 – 20:30 レストランにて懇親会

2日目(12月20日)

4. 霊長類のコミュニケーションから見た言語

9:30 – 9:40 西村剛 (京都大学霊長類研究所) 「はじめに:霊長類のコミュニケーションからみえるもの」

9:40 – 10:10 勝野吏子 (東京大学総合文化研究科) 「ニホンザルの近距離社会場面でのコミュニケーション」

10:10 – 10:40 市野進一郎(京都大学アフリカ地域研究資料センター)「キツネザル類の社会行動とコミュニケーション 」

10:40 – 11:20 中村美知夫 (京都大学理学研究科) 「チンパンジーの「日常」から言語について考える」

11:20 – 11:50 コメントと討論/コメンテーター: 坪川桂子 (京都大学理学研究科),小田亮(名古屋工業大学)

終了.

問い合わせ先:
掲載日:2017年11月22日

Two Talks on Birdsong

この行事は終了しました

日時: 2017年10月25日(水)10:00-, 11:30-

会場: 東京大学 駒場キャンパス 3号館116号室(キャンパスマップ

プログラム:

10:00~ Dr. Jon Sakata (McGill University)

“Brain mechanisms shaping vocal learning”

11:30~  Dr. Sarah Woolley (McGill University)

“Neural mechanisms for preference and perception in a femal songbird”

問い合わせ先:東京大学・岡ノ谷一夫(領域代表・B01班代表)cokanoya@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

 

掲載日:2017年10月20日

言語学講演会(京都)

この行事は終了しました

日時: 2017/11/10(金)16:30-17:30

会場: 京都大学 吉田南キャンパス 吉田南総合館 共北28教室(キャンパスマップ

※使用言語:英語

※参加費無料・事前登録不要

タイトル:Linguistics and Biology

講演者:Prof. Cedric Boeckx (ICREA/Universitat de Barcelona)

チラシ

問い合わせ先:京都大学・藤田耕司(A01班代表) fujita.koji.3x@kyoto-u.ac.jp

 

掲載日:2017年10月18日

京都言語進化学会議

この行事は終了しました<報告欄>

日時:   2017/11/11(土)13:30-17:35,  11/12(日)09:30-17:30

会場:京都大学 吉田南キャンパス人間・環境学研究科棟 地下大講義室(キャンパスマップ

※参加費無料.事前申し込みは必要ありません. 会場は飲食禁止です.

※使用言語:英語

11 月11 日(土) 13:30開始

Koji Fujita (Kyoto U., theoretical linguistics) “Evolinguistics: What is it, who does it, and how will it evolve?”

Rie Asano (U. of Cologne, biomusicology) “Principled explanations in comparative biomusicology”

Michiru Makuuchi (Nat. Rehab. Center, neurolinguistics) “Brain mechanisms for MERGE”

Yasuo Ihara (U. of Tokyo, evolutionary anthropology) “Evolution of physical weakness by social selection through choice of collaborative partners”

Cedric Boeckx (ICREA/UB, biolinguistics) “Brain growth trajectory and language-readiness: Linking hypotheses and new data”

Mini-session 1: “Human evolution, brain evolution and language evolution”

11 月12日(日) 9:30 開始

Shiro Ojima (Yokohama Nat. U., experimental linguistics) “A biolinguistic approach to multicompetence”

Kazumi Taniguchi (Kyoto U., theoretical linguistics) “A cognitive linguistics view of language acquisition and its implications for language evolution”

Harumi Kobayashi (Tokyo Denki U., developmental psychology) “Ostensive-inferential communication and language development”

Reiji Suzuki (Nagoya U., artificial life) “Constructive approaches to evolution of social learning and niche construction”

Takashi Hashimoto (JAIST, science of complexity) “Adaptability of recursive combination: Evolutionary simulation and some speculations”

Cedric Boeckx (ICREA/UB, biolinguistics) “Self-domestication and its contribution to modern human cognition”

Kazuo Okanoya (U. of Tokyo, biological psychology) “Behavioral and neural mechanisms for stimulus chunking in birds and humans”

Mini-session 2: “Language acquisition and language evolution”

Mini-session 3: “Niche construction and language evolution”

Mini-session 4: “Music and language evolution”

アブストラクト

京都言語進化学会議ポスター-2

掲載日:2017年10月16日

領域立ち上げ討論会・公募研究説明会(東京)

この行事は終了しました報告欄> 

日時:2017/9/24(日)14:00-17:30

会場:東京大学駒場1キャンパス KOMCEE West K001講義室(キャンパスマップ

※事前申込は必要ありません.会場は飲食禁止です

領域説明pdf

 

プログラム:

14:00-14:30    開会・領域説明  領域代表 岡ノ谷一夫(東京大学)

14:30-15:10    記念講演

・ 「言語進化研究に関連して思うこと」諏訪 元(東京大学総合研究博物館・館長)

15:10-15:20    休憩

15:20-16:50    各計画研究説明

・ A01言語理論班代表    藤田耕司(京都大学)

・ B01行動生物班代表    岡ノ谷一夫(東京大学)

・ B02人類進化班代表    井原泰雄(東京大学)

・ B03認知発達班代表    小林春美(東京電機大学)

・ C01創発構成班代表    橋本 敬(北陸先端科学技術大学院大学)

16:50-17:00    公募申請・審査スケジュール説明

・ 総括班・公募研究運営委員会 井原泰雄(東京大学)

17:00-17:30    個別相談会

 

問い合わせ:事務局(暫定) 橋本 敬 hash@jaist.ac.jp

掲載日:2017年8月3日

領域立ち上げ討論会・公募研究説明会(京都)

この行事は終了しました報告欄

日時:2017/9/19(火)14:00~17:30

会場:京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟 地下大講義室 (キャンパスマップ

※事前申込は必要ありません.会場は飲食禁止です

領域説明pdf

 

プログラム:

14:00-14:30    開会・領域説明  領域代表 岡ノ谷一夫(東京大学)

14:30-15:10    記念講演

・ 「言語の進化を考える」松沢哲郎(京都大学高等研究院・特別教授)

15:10-15:20    休憩

15:20-16:50    各計画研究説明

・ A01言語理論班代表    藤田耕司(京都大学)

・ B01行動生物班代表    岡ノ谷一夫(東京大学)

・ B02人類進化班代表    井原泰雄(東京大学)

・ B03認知発達班代表    小林春美(東京電機大学)

・ C01創発構成班代表    橋本 敬(北陸先端科学技術大学院大学)

16:50-17:00    公募申請・審査スケジュール説明

・ 総括班・公募研究運営委員会 井原泰雄(東京大学)

17:00-17:30    個別相談会

 

問い合わせ:事務局(暫定) 橋本 敬 hash@jaist.ac.jp

掲載日:2017年8月3日

言語学講演会 by Wolfram Hinzen

この行事は終了しました

日時:2017/8/3(木) 16:00~17:30

会場:京都大学吉田南キャンパス総合人間学部棟 地下1階1B05教室(キャンパスマップ

タイトル:Un-Cartesian Linguistics and the Nature of the Semantic Interface

講演者:Prof. Wolfram Hinzen (ICREA/Universitat Pompeu Fabra, Barcelona)

 

 

概要:
In recent linguistic theory and the Minimalist Program in particular, the interface between linguistic and non-linguistic cognition has come to be of critical importance in the study of the nature of the faculty of language. In this regard, Un-Cartesian linguistics has radicalized old ideas about the nature of this interface, according to which the intrusion of language into the brain has reformatted primate cognition, creating a novel neural infrastructure in which human-specific thought can arise and without which it is unavailable. If so, there is no interface between two independent systems of language and thought in humans, and generativity in language and human-specific thought are the same. New evidence for this hypothesis comes from thought disturbances (psychopathologies). Un-Cartesian linguistics predicts that such disturbances must involve language disturbances. I will review recent evidence from my lab testing this prediction in three clinical populations: children and adolescents with autism who do not develop language in any modality, whether in production or in comprehension; patients with formal thought disorder, a symptom of schizophrenia; and patients with Huntington’s disease, an early dementia. It turns out that in all three cases, there is strong evidence that thought disintegration is mirrored in language disintegration, in a way that appears to be independent of non-linguistic neuro-psychological deficits. It is thus potentially key to better understanding these disorders and the connection between language and thought at large.

 

問い合わせ: 藤田耕司 (A01班代表) (fujita.koji.3x@kyoto-u.ac.jp)
ちらし

掲載日:2017年7月11日

第1回総括班会議(東大駒場)

この行事は終了しました

採択という嬉しい報せを受け,2017/7/7にさっそく第1回総括班会議を開催しました.
目的と方法を再確認し,配分される予定予算に基づいた計画の策定,これからの方針の確認などを行いました.

掲載日:2017年7月7日