研究成果|Research Output

研究成果一覧・検索|Research Output List・Search

キーワード|Keyword
カテゴリー|Category
研究者|Researcher
年度|Fiscal year
collapse
1,969 records in total

FY2022

学会発表|Presentation/Lecture

  • 矢野 颯真, 井上 直紀, 森田 純哉

    メッセージ付きジレンマゲームにおける コミュニケーションシステムの変化に関する実験的検討

    日本認知科学会第38回大会, 口頭, 2021年09月03日, オンライン, オンライン

  • 犬飼惇,萩原良信,谷口彰,谷口忠大

    Multiagent Inter-GMM:記号創発モデルの3者以上への拡張と検証

    第36回人工知能学会全国大会(JSAI2022), 口頭, 2020年06月09日, 京都, 国立京都国際会館

  • 奥村 亮太、萩原 良信、谷口 彰、谷口 忠大

    複数の人間における記号創発実験のメトロポリス・ヘイスティングス法に基づくダイナミクス検証

    第36回人工知能学会全国大会(JSAI2022), 口頭, 2020年06月09日, 京都, 国立京都国際会館

  • 吉田悠人,萩原良信,谷口彰,谷口忠大

    変分オートエンコーダを活用した実画像からの記号創発

    第36回人工知能学会全国大会(JSAI2022), 口頭, 2020年06月09日, 京都, 国立京都国際会館

  • 古川和磨,萩原良信,谷口彰,谷口忠大

    語彙の合成性を有するマルチモーダル記号創発

    第36回人工知能学会全国大会(JSAI2022), 口頭, 2020年06月09日, 京都, 国立京都国際会館

メディア報道|Media coverage

  • 言語の誕生

    産経新聞

    国内, 新聞, 朝刊, 2022年04月02日, [HASHIMOTO Takashi]

    本質的な言語の役割は思考を生み出すことにある。人は何かを考えるとき頭の中で無意識に言葉を使っている。非現実的なことを想像したり将来を誓に予測したりできるのは人間だけだ。橋本敬教授は「言語は単語の組み合わせによって概念を複合化し、新しい概念を作り出せる特徴がある。これによって人は経験していないことをイメージできるようになり、多様な技術や文化を生み出した」と指摘する。

    PDF

FY2021

雑誌論文|Journal papers

  • Kondoh S, Okanoya K, *Tachibana RO

    Switching perception of musical meters by listening to different acoustic cues of biphasic sound stimulus

    PLoS One, 16(8), 1ー15, 査読有り, DOI:https://doi: 10.1371/journal.pone.0256712

  • *Ludusan, B., Mazuka, R., & Dupoux, E.

    Does Infant-Directed Speech Help Phonetic Learning? A Machine Learning Investigation.

    Cognitive Science, 45(2021), e12946(1-32), 査読有り, DOI:10.1111/cogs.12946

  • 佐野滋彦, 吉村優子, 廣澤徹, 菊知充

    自閉スペクトラム症児における語彙の概念獲得と共同注意の関係

    北陸精神神経学会誌, in press, in press, 査読有り

  • Nishimura Momoka, Yang Ae-Na, Murai Shota, *Kobayasi Kohta I

    Effect of lyrics comprehension on neural processing of music

    Acoustical Science and Technology, 日本音響学会, 42, 1-4, 査読有り, DOI:https://doi.org/10.1250/ast.42.109

  • Fujii TG, Ikebuchi M, *Okanoya K

    Sex differences in the development and expression of a preference for familiar vocal signals in songbirds

    PLoS ONE, 16, e0243811, 査読有り, DOI:https://doi.org/10.1371/journal.pone.0243811

  • *Katsu N, Yuki S, Okanoya K

    Production of regular rhythm induced by external stimuli in rats

    Animal Cognition, -, -, 査読有り, DOI:http://doi.org/10.1007/s10071-021-01505-4

    PDF

  • O'Rourke T, Martins PT, Asano R, Tachibana RO, Okanoya K, *Boeckx C

    Capturing the Effects of Domestication on Vocal Learning Complexity

    Trends in Cognitive Sciences, 25, 462-474, 査読有り, DOI:https://doi.org/10.1016/j.tics.2021.03.007

  • *Takahasi M, Okanoya K, *Mazuka R

    How vocal temporal parameters develop: a comparative study between humans and songbirds, two distantly related vocal learners

    Journal of Language Evolution, -, 1-11, 査読有り, DOI:doi.org/10.1093/jole/lzaa008

  • *Yamane, N., Sato, Y., Shimura, Y., and Mazuka, R.

    Developmental differences in the hemodynamic response to changes in lyrics and melodies by 4- and 12-month-old infants

    Cognition, Elsevier, 213, 104711, 査読有り, DOI:10.1016/j.cognition.2021.104711

  • Osako, Y., Ohnuki, T., Tanisumi, Y., Shiotani, K., Manabe, H., Sakurai, Y. and *Hirokawa, J.

    Contribution of non-sensory neurons in visual cortical areas to visually guided decisions in the rat

    Current Biology, Cell Press, 31, 1-13, 査読有り, DOI:doi.org/10.1016/j.cub.2021.03.099

  • 林美里

    チンパンジー研究者、母になる―ヒトの発達と言葉

    発達, 166, 103-110, 査読無し

  • *Morita M, *Saito A, Nozaki M, Ihara Y

    Childcare support and child social development in Japan: investigating the mediating role of parental psychological condition and parenting style

    Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 376(1827), 20200025, 査読有り, DOI:10.1098/rstb.2020.0025

  • *森田理仁

    育てる

    In: 小田亮・橋彌和秀・大坪庸介・平石界(編)『進化でわかる人間行動の事典』, 朝倉書店, x, 152–157, 査読無し

  • Nishiaki Y, Tamura K, Suzuki M, Nakamura M, Kato S, Nakagawa K, Takakura J, Yamaoka T, Noguchi A, Kondo Y, Kobayashi Y

    Spatiotemporal variability in lithic technology of Middle-to-Upper Paleolithic Asia: A new dataset and its statistical analyses

    Quaternary International, Elsevier, 596, 144-154, 査読有り, DOI:https://doi.org/10.1016/j.quaint.2021.03.022