研究成果|Research Output

研究成果一覧・検索|Research Output List・Search

キーワード|Keyword
カテゴリー|Category
研究者|Researcher
年度|Fiscal year
collapse
1,969 records in total

FY2018

学会発表|Presentation/Lecture

  • Minagawa, Y., Morimoto. S., Hoshino, E=I., Asano, M., Hata, M.

    Hyperscanning of mother-infant brains: synchronized cerebral activities during interaction

    ICIS 2018, ポスター, 2018年07月01日, Philadelphia, Loews Hotel

  • Hakuno, Y., Hata, M., Hachisu, T., Suzuki, K., Minagawa, Y.

    Cerebral activations to socially positive, negative, and non-social contingency during live interactions in infancy

    ICIS 2018, ポスター, 2018年07月01日, Philadelphia, Loews Hotel

  • Mutsumi Imai, Masato Ohba, Chizuko Murai, Michiko Miyazaki, Hiroyuki Okada, and Kazuhide Hashiya

    The heuristic thinking that makes inference of word meanings possible: An inverse inference bias in 5-month-old infants.

    XXIth International Conference of Infant Studies (ICIS), ポスター, 2018年07月01日, Philadelphia USA, Loews Philadelphia Hotel

  • 西本希呼

    数の認知-言語の構造から探る

    京都大学エグゼキュティブ・リーダーシッ プ・プログラム, ポスター, 2018年06月30日, 京都, 京都大学橘会館

  • 福井直樹

    生成文法の思想:自然主義と言語の内在主義

    沖縄外国文学会, 口頭, 2018年06月30日, 日本(那覇), 沖縄大学

  • 鈴木匡子

    Posterior cortical atrophy

    第33回日本老年精神医学会, 口頭, 2018年06月29日, 福島, ビッグパレットふくしま

  • Wagatsuma, H.

    Integrative methods in Neuroinformatics and Brain-Inspired Robotics focusing on Neural Dynamics

    International Symposium on Cutting Edge Technology for EEG Data Analysis, 口頭, 2018年06月23日, 日本・東京, 東京大学

  • 太田真理

    Computational principles of syntax in the language areas: Verification of the syntactic operations using fMRI

    日本音韻論学会2018年度春期研究発表会, 口頭, 2018年06月22日, 日本・東京, 大東文化会館

  • MINEMI, I. & HIROSE, Y..

    Early thematic-role assignment drives a pre-verbal prediction in the processing of filler-gap dependencies by Japanese learners of English.

    The 18th Annual Conference of the Japan Second Language Acquisition, 口頭, 2018年06月17日, Tokyo, Japan, Gakushuin University

  • 飯島和樹

    「fMRI 解析ソフト (SPM) の使い方」

    玉川大学 脳科学トレーニングコース 2018, 口頭, 2018年06月09日, 東京都町田市, 玉川大学

  • 野村太輝、森田純哉、平山高嗣、榎堀 優、間瀬健二

    CNN による感情認識における生理心理的制約の効果

    第32回人工知能学会全国大会, 口頭, 2018年06月09日, 日本・鹿児島市, 城山国際ホテル

  • 橋爪 秀典, 奥田 次郎

    ニオイ提示に伴う感情・覚醒変化と脳波応答

    日本バーチャルリアリティ学会 第22回 香り・味と生体情報研究会, 口頭, 2018年06月08日, 鹿児島, ボルベリアダグリ

  • 笹原和俊, 田口靖啓

    ⽇本語歌詞の道徳性:道徳基盤理論に基づくテキスト分析

    2018年度人工知能学会全国大会, 口頭, 2018年06月07日, 鹿児島市, 城山観光ホテル

  • 鈴木麗璽,有田隆也

    連続的な社会相互作用ダイナミクスに対するモデル・実験アプローチ

    第32回人工知能学会全国大会, 口頭, 2018年06月06日, 日本・鹿児島市, 城山ホテル鹿児島

  • Take Yo, Ayahito Saji, and Kazutoshi Sasahara

    Quantification of Diverse Personal Attributes in Tweets

    2018年度人工知能学会全国大会, 口頭, 2018年06月06日, 鹿児島市, 城山観光ホテル

  • 杉森真樹, 笹原和俊, 時⽥恵⼀郎

    ソーシャルボットの検出:⾔語⾮依存性の特徴量とボット集団の定量化

    2018年度人工知能学会全国大会, 口頭, 2018年06月05日, 鹿児島市, 城山観光ホテル

  • Sano, K., Arrighi, S., Aureli, D., Moroni, A., Ronchitelli, A., and Benazzi, S.

    Use-wear analysis of Uluzzian lunates from Grotta del Cavallo in Italy

    XVIII World UISPP Congress 2018, 口頭, 2018年06月04日, Paris, パリ第一大学

  • Shin-ichi Tanaka and John Alderete

    Opacity in the Interaction of Pinjam and Tone Sandhi: Some Implications foe Cantonese Tonal Phonology

    Tokyo Circle of Phonologists,, 口頭, 2018年06月02日, Tokyo, Japan, The University of Tokyo

  • Mazuka, R.

    What we can learn from fully annotated corpus of infant-directed speech in Japanese: Challenging the conventional methods of analyzing IDS properties

    Department of Linguistics Colloquium, 口頭, 2018年05月25日, Honolulu, HI, USA, University of Hawaii, Manoa

  • *Nasukawa K & Backley P

    Element suppression: Dependents are the first to go

    The 26th Manchester Phonology Meeting, ポスター, 2018年05月25日, イギリス・マンチェスター市, University of Manchester, UK

    PDF